駐在生活を快適に過ごすため

駐在生活を快適に過ごすため 

f:id:sayaendo-jkt:20190502144105j:plain

 

 ジャカルタに赴任することになった場合、たいていの会社で赴任研修があり皆さん知識は持っていると思いますが、中にはベンチャー企業や中小企業にお勤めの方で事前情報がないまま駐在へ、という方もいますので一般的なジャカルタでの生活における

注意点をここで紹介したいと思います。

 

初めてのジャカルタの方へ参考になれば幸いです。

 

 

 

 

インドネシア語を勉強しましょう

これはインドネシア語をしっかり勉強しようとは言っていません。

日常生活で通じる本当に簡単なインドネシア語会話で十分です。

 

ここインドネシアはきっと皆さんの想像以上に英語が通じません

 ほかのアジア諸国に駐在経験のある方は特に感じる傾向があります。

 

タイやマレーシアは英語がある程度通じますが、横移動されてくる方の大半がインドネシアは英語が通じないと驚かれます。

 

そしてここジャカルタでは通勤は基本車です。

そこでまずドライバーとコミュニケーション取れません。

 

どこ行って、ここ行ってはもちろん何となく通じますが、ここで待ってて、○○出口に来て、この荷物持ってきて、僕は別の車で行くけど帰りだけ迎えに来てなど細かい話になると突然通じなくなります。

 

家では雇ったメイドさんの掃除の仕方に納得いかず直してほしいがうまく説明ができない。

 

通訳がいる会社なら問題ないですがいちいち通訳を通すのも面倒だし、できれば自分のことは自分でやりたいそう思いませんか?

 

外に出かけてもっと周りの人と気楽に話をしたいけどそれもできない。

もう面倒だから外に出るのやめよ・・・

 

ってなってしまうとジャカルタ生活がつまらなくなってしまいます。

もっとジャカルタ生活を楽しんでもらいたいので簡単なインドネシア語会話を覚えてきておくとさらに楽しくなります!

 

*今後こちらのページでもインドネシア語会話をご紹介していきます

 

 

インドネシアでは基本「報連相」はない

インドネシア人の習慣に報告、連絡、相談は基本ないと思っていましょう。

 

もちろん中には長年日本企業で働いていてよくトレーニングされたスタッフの中には自ら報告してくれる人もいますが、そうでなければ初めのうちは自分のストレスにもなるので気を付けてください。

 

「これやっておいてね」と渡した書類、永遠に戻ってこないあ~と思い

「終わった?」と聞くと何の気なしに「はい」と。

 

終わってるなら報告しろよ~~~!!!

 

と思いますよね?

 

でも残念ながらこれはあなたの説明不足です。

 

「これやって終わったらのところに持ってきて

 

はい、これ重要!試験に出ます(笑)

 

原則インドネシア人は言われたことに忠実。

すなわち言われなかったことはやる必要はないと認識します。

 

間違ってないですよね?

これをなぜ!?とインドネシア人を責めるのはお門違いです。

 

例えば冗談のような本当の話。

「今度新しい社員が入ってくるから、ここに机用意しておいて」とお願いしたら「机」しかありませんでした。

 

椅子はありません(笑)

 なぜなら用意してと言われたのは机で椅子は入っていなかったからです。

 

日本流で仕事をしたい場合は、1から100まで全部言ってあげましょう。

1言ったら100わかって!と思うのは私たちのエゴなのです。

 

 

気を長くする、怒らない訓練

まぁこれは正直自分で言っておいてなんですが難しいですよね。

 訓練して簡単にできるものでもないですね(笑)

 

それでもそういう心の準備をしておきましょう。

ここインドネシアでは予定がその通り行われないことは日常茶飯事です。

 

そこで怒ってしまうと「あの人は未熟な人だ」と思われ、

さらに言う事を聞いてくれなくなってしまいます。

 

感情を表に出す人人として未熟とインドネシア人は認識しています。

 

さらに言うとインドネシア人は怒られ慣れていないので、人前では怒らないようにしましょうね。。

会議室など二人きりの場所に呼び出してから教えてあげるのが良いと思います。

 

万が一、人前で感情的に怒られると自尊心を傷つけられたと思い、場合によっては訴えらえるなんてこともあります。

 

特に私たち外国人は理不尽だと思っても何かと文句をつけられやすいのです。

突然イミグレにガサ入れをされ、何も悪いことしてないのに難癖をつけられたり、

強盗に入られたり、ひどい場合は殺人事件にまで発展なんてことも可能性としてはゼロではありません。

 

 

趣味を見つける

もしあなたが夢中になれる趣味があるとしたらそれは何も問題ないですが、何もない場合は何か夢中になれる趣味を作っておくことをお勧めします。

 

特に独身や単身で駐在する場合、週末に一人で暇になってしまうと折角の駐在ライフがつまらなくなってしまいます。

 

ちなみにジャカルタ駐在組の大半は週末ゴルフに夢中です。

私も例に漏れず毎週土日のどちらか一方は友人たちとゴルフをしています。

 

ゴルフはしないしな・・・という方、この機会にゴルフを始めてみるのも楽しいですよ。

ジャカルタだからこそ初心者でも習いやすいのです。

 

日本人のプロコーチもいますし、ジャカルタで始めてゴルフにはまってしまった、という仲間も結構います。

 

もちろんゴルフ以外にもテニス、サッカー、バドミントン、バスケットボール等など様々な集まりもあるので参加してみると面白いですね。

 

 

同窓会、県人会などの集まりに参加してみる

初めての駐在で会社の人以外知り合いがいないという人は是非こういう集まりに参加してみることをお勧めします。

ジャカルタは日本全国の県人会があり、各大学や高校の同窓会の集まりもとても盛んです。

そういう集まりに参加して交流を深めるというのも駐在生活がより楽しくなるかもしれません。

 

 

あなたの駐在ライフが快適にになりますように。

今日も読んでくれてありがとうございます。