インドネシアでやってはいけないこと10選

f:id:sayaendo-jkt:20190506112021j:plain

 

インドネシアの習慣を知らなかったばかりに、仕事でもプライベートでも相手に失礼な行為をしてしまった・・・

ということにならない為にもインドネシアで

【やってはいけないこと10選】を纏めてみました。

日本の常識インドネシアの常識結構異なる事があります。

実は知らずに失礼な事をしていたがゆえ、折角のビジネスチャンスを台無しにしてしまった!なんてことにならない為にも是非覚えておいてください。

 左手で握手を求める

 f:id:sayaendo-jkt:20190506112329j:plain

インドネシアでの挨拶は男性同士や一部の敬虔なムスリムを除き異性同士でも握手をするのが一般的です。

その際は必ず右手を差し出しましょう!!

ちなみにここインドネシアでは単に右手で握手をするだけではなく、握手した手は胸に持っていくのが一般的です。

これはあなたとの出会いを胸に刻みますという意味があるそうです。

ちなみに経験のムスリム異性に手を触れませんので、握手をしてくれなくても嫌われてる?とは思わなくてだいじょうぶです!

その場合はこちらの絵のように胸の前でお互いが手を合わせるだけで握手をしたことと同じ扱いになります。

www.sayaendo-jakarta.com

ちなみに、親密な関係(家族)や親友間では若い人が年上の人の手を鼻やおでこに付けるという挨拶の仕方もあります

頭を触る

f:id:sayaendo-jkt:20190506142858j:plain

ムスリムにとってもヒンズー教徒にとっても頭はとても神聖な場所です。

そのためむやみやたらに他人の頭を触らないようにしましょう。

特に無意識にやってしまうのが子供です。

知らないが故に子供の頭をぽんぽんと叩いてしまったり撫でる習慣がある人は注意しましょう。

日本のテレビ番組を見たインドネシア人や、日本に住んだことのあるインドネシア人が初めて日本のお笑い番組で相方を突っ込んでいるシーンを見た時に、なんてひどいことをしているんだろうと思った、と言ってますね。

日本だったら女の子の頭をポンポンとするとキュンッとする子がいるなどと言われていますが(笑)インドネシアでは人によりますので十分ご注意くださいね!

飲み会で割り勘にする

f:id:sayaendo-jkt:20190506143231j:plain

日本のように各自が好きなものを注文し、最終的に人数で割り一人いくら

という習慣はインドネシアにはありません

友人間では自分が食べた分自分で支払う、また、上司や年上の人と行った場合はその人が支払うのが基本です。

すなわち飲み会での折半の習慣はないので注意しましょう。

また、インドネシア人が仲間同士でよくやる会計方法は持ち回りです。

今日は私が払うので、次回はAさん、その次はBさんと払う担当が変わるのです。

いずれにしろレジの前で「支払は別々で」と言うのはスマートではありません。

人前で怒る

f:id:sayaendo-jkt:20190506143741j:plain

インドネシア人は小さい頃から怒られ慣れていないのです。

子供のいる家庭をみているとよくわかりますが、なんでもいいよ、いいよ、と好きなように育てるのがインドネシアの育て方の基本です。

だからインドネシア人はわがままな子が多いのですが(汗)

流石に上流階級の家庭はそれほど多くは見かけませんが、一般家庭では駆けずり回っている子供にベビーシッターさんが追いかけてご飯を食べさせるほどです。

日本のようにご飯の時くらいきちんと座って食べなさい、という躾はないのです。

そんな風に大事に甘やかされて育ってきたインドネシア人が、社会人になり万が一何か問題を起こした際、皆の前で怒られてしまうと大変です。

大恥をかかされたと思い会社を辞めるか、下手をしたら訴えられるなんてことにもなります。

インドネシア人を叱るときは、別室に呼び出し二人で冷静に叱りましょう。

決して感情をあらわにしてはいけませんよ。

万が一感情的に怒ってしまった場合、あなたはそのインドネシア人から感情がコントロールできない幼稚な人というレッテルを貼られてしまいます。

お祈りを妨げる

f:id:sayaendo-jkt:20190506144002j:plain

ムスリムは1日5回のお祈りの時間がありますが、そのお祈りを妨げるような行動をしてはいけません。

日本人の中にはお祈りなんかしてないで働け!!という人がいますがそんなことは決して言ってはいけません。

彼らにとってお祈りはとても大事なことであり、サボっているわけではありません。

中にはそのお祈りの前後にモスクでのんびりしている人もいるかもしれません。

しかし私たちは彼らの国で仕事をさせていただいているのですから、郷にいれば郷に従えです。

決して私たち日本人の考え方を押し付けてはいけません。

誕生日におごってもらう

f:id:sayaendo-jkt:20190506144114j:plain

日本では誕生日の人がご飯をおごってもらいますが、インドネシアは逆なのです。

誕生日に限らず、例えば昇給した、結婚した、出世した、などおめでたいことが起きた場合はそのおめでたい人が周りへ幸せのおすそ分けをするのです。

よく会社では誕生日の人がケーキやドーナツを配ったり、お菓子を配ったりします。

流石に全社員にご飯をおごることはできませんので何かスイーツを配ってあげるとあなたが男性女性どちらでも、女性社員のハートをつかむことができるでしょう。

女性社員のハートをつかむことは日本でもここインドネシアでもやっぱり大事! 

そういう心配りができる人はスタッフから慕われ、協力的に働いてくれます。

男女二人で同じ部屋

f:id:sayaendo-jkt:20190506144250j:plain

ムスリムは婚前の男女が一つ屋根の下にいることを禁止しているのが理由です。

ムスリムは婚前交渉を禁止していますし、それと疑われることをしてはいけません。

万が一そういう場面になりそうな場合はご自身が疑われないようご注意ください。

特に会社で男女二人きりで会議室に入らなければいけなくなってしまった時などは、扉を開けておくなどの配慮が必要です。

万が一訴えられたりすることのないように十分注意しましょう。

豚肉やアルコール製品に注意する

f:id:sayaendo-jkt:20190506144419j:plain

例えばインドネシア人のお客様へのお土産を持参するときなどは注意が必要です。

相手がムスリムの場合は豚肉が使われていないことはもちろん、豚のエキスなども入っていないかどうか注意が必要です。

また同様にアルコールやアルコール成分が入っている製品も嫌がる人が多いので十分ご注意ください。

日本語で書かれているからわからないだろう、なんて心無い事を思っては決していけません。

またムスリムと一緒に食事に行く際もご注意ください。

ご一緒する方がどの程度許容されるかは事前に確認される事をお勧めいたします。

豚肉料理を出しているレストランでも自分は食べないから大丈夫、という人とそもそも豚肉料理を出しているお店には行きたくない、という人がいます。

公共の場でイチャイチャする

f:id:sayaendo-jkt:20190506144624j:plain

ムスリムは他人の前でイチャイチャする習慣がありませんし、それを不快に思う人が多くいますので人前でキスしたりハグしたりはタブーです。

 特にあなたの相手がムスリムだとしたら余計に注意してください。

あなただけではなく、その交際相手がムスリムとして責められる可能性もあります。

単に不快に思うだけで済めばいいですが、中には攻撃的な人や過激な人もいますので十分に注意しましょう。

肌の露出が高い服を着る

f:id:sayaendo-jkt:20190506151652j:plain

男女ともに肌の露出が高い服装は「外国人」をアピールするだけでなく、品を問われることになります。

ムスリムは基本肌が見えるような服体の線が極端に出るような服を着ません。

特に女性は肌を露出していたがゆえに犯罪に巻き込まれてしまう事もあります。

さらにはそのような性犯罪に巻き込まれたとしても、女性の服装が露出が多かったり、タイトな服を着ていたりした場合は女性が誘惑したと言われるケースがあります。

また仕事に置いては肌の露出はマナー違反となります。

日本でも同様ですが、仕事上で肌を露出する事は無いとは思いますが、中には女性でノースリーブの服を着ている人をたまに見かけます。

以前私が勤務していた会社にて、ビザ申請の為にイミグレを訪れた駐在員のご家族(女性)がノースリーブで訪問し受付を拒否されました。

インドネシアはオフィス内やモール等室内の冷房が非常に強くかかっていますので、健康面を含めても長袖の羽織るものを常に持っているのが良いと思います。

 まとめ

以上、インドネシアではやっていけないこと10選でした。

イスラム教徒が多いからこそのタブーが沢山ありますが、外国に住む以上はその土地の習慣を事前に把握しておくことが仕事上大事になります。

ビジネスにおいて折角良い話がやってきたのに、担当者に気に入られず成立ならず・・・では残念ですよね。

インドネシア人は基本親日家が多いので、こちらが歩み寄り寄り添ってあげるととても仲良くしてくれます。

インドネシアで気持ちよく仕事をするためにも以上お気をつけください。