ラマダンって?断食ってずっとご飯食べないの?

f:id:sayaendo-jkt:20190509221830j:plain

ここインドネシアでは今週5月6日よりラマダンに入りました。

ちなみにラマダンってみなさん聞いたことありますか?

イスラム教徒のみなさんが断食をする月のことです。

今日は私たち日本人にはあまりなじみのないラマダンについてご説明したいと思います。

ラマダンとは?

f:id:sayaendo-jkt:20190509235817j:plain

 

ラマダンとはアラビア語ヒジュラ歴の第9月のことを指します。

イスラム歴で9月を意味するラマダンはイスラム教徒にとって神聖な月になります。

そしてこの神聖なる第9月に日の出から日没まで断食をすることがイスラム教徒の5行のうちの一つ断食です。

イスラム教の5行についてはこちらをご参照ください。 

www.sayaendo-jakarta.com

豆知識その1

ちなみにインドネシア語で断食はPuasa(プアサ)といい、

ラマダンに行うプアサだけではなく、日常生活においても食事を取らないことをプアサと言います。

例えば具合が悪くてご飯が食べれない時や、金欠でご飯が食べられない時に仲間内で冗談で、あれプアサ?なんて言ったりもしています。

この断食期間中は日中の飲食を断つだけではなく喫煙や性交渉など様々な欲を断つことにより自身を清め信仰心を強めます。

水を飲まないのはもちろんのこと、厳密には唾ですら飲み込んではいけないとされています。

断食を行うことで空腹を実感し、貧しい人たちの気持ちを理解・共感し、ムスリム同士の分かち合いや連帯感を強めることを目的としています。

そのため、断食明けの食事(日没後)はムスリム同士またはムスリムではない人たちとも集まり一緒になってお祝いの食事をすることが慣習となっています。

インドネシア語でBuka Puasa(ブカプアサ)と良い、通常会社や友達同士ではBuka puasa bersama(ブカプアサブルサマ)が盛んに行われます。

そのためラマダン時期の夕飯時は多くのレストランで予約が取れないという事態が発生します。

インドネシアではラマダン時期の飲食店は掻き入れ時でどこもブカプアサパケットで販売促進をし集客に必死です。

ラマダンの時期ってこんな季節だったっけ?

f:id:sayaendo-jkt:20190509235922j:plain

そう思ったあなたは鋭い!!

そうなのです。ラマダンは上に述べた通りイスラム暦を使用し第9月をラマダンと言います。

イスラム暦は現在私たちが普段利用している太陽暦より短いため毎年11日ずつラマダンの時期は早まります

すなわちあなたが体験したラマダンの時期と今の時期はきっとずれています。

ちなみに私も初めて体験したラマダンは9月でした。

そしてラマダンの開始日と終了日はイスラムのお偉いさま方が月の満ち欠けを見て判断します。

新月が開始日となるのですが、月の観測ができない場合は1日ずれたりもします。

インドネシアの場合は宗教省が正式に発表します。

ラマダンに気をつけること

f:id:sayaendo-jkt:20190510000353j:plain

私たちノンムスリムがラマダン中に気をつけたほうが良いことや、普段と異なることをあげてみました。

生活のリズムが崩れる

断食中はムスリムのみなさんは日の出前に食事を済ませなければならないため朝早くから活動することになり舞うs。

正直私さやえんどうもラマダン以外も朝は4:30に起きていますが、家族がさらに早い時間に出社するため普段よりも早い時間から活動開始になります。

豆知識その2

ラマダン期間中の勤務時間は通常の勤務時間と異なる会社が多い。

これは会社によって様々ですが、通常はブカプアサを自宅で家族と行えるために普段より始業時間を早めて終業時間を早めたり、昼休みなどの休憩時間を削って帰りを早くする会社が多いです。

そして毎朝のアザーンの音が普段より1.5倍増しになります(笑)

起きて!起きて!とSahur(サウール)を促す声が各モスクから聞こえてきます。

さらには夕方ブカプアサの時間帯に移動すると、ドライバーがブカすることができません。

そのため可能であればブカプアサの時間を考慮して移動してあげるとお互いが気持ちよく過ごせますね。

ムスリムへ敬意を示そう

私はムスリムじゃないから断食なんて関係ない!

なんって言っていたらかっこ悪いですよ。

あなたが今住んでいる場所はインドネシアであり、大多数がムスリムの国なのです。

郷に行っては郷に従え

あなたがこの地で快適に楽しく過ごすためにはこの国のことや国民のことを理解することが大事です。

もしも日本に住んでいる外国人が神社やお寺でどんちゃん騒ぎをしていたらどう思いますか?

自分たちが信じている宗教へ何も知らない他宗教の人が土足で踏み込み、私たちは知らないし関係ないからと言われるのと同じことです。

外国人であろうと、他宗教であろうと、お互いリスペクトが大事ですね。

断食をしている人の前では食べないようにしよう

これは自分に置き換えて考えてみましょう。

たとえ小さい頃から断食をしているから慣れている、とは言われてもその人の目の前でガツガツとご飯を食べるのはやはりどうかと思います。

どうしても食べなければいけない場合は一言Maaf(マアフ)と断ってから食べましょう。

ただし基本的には見えないように食べるのが礼儀です。

この時期はどのレストランも外から見えないようにカーテンを張っています。

これが断食をしている人への気配りです。

断食をしない人もいることを知ろう

あれ、あの人断食中なのに普通にご飯食べる!!

と人前で言ってはいけません。

様々な事情があり断食ができない人もいます。(自らしないという人もいます)

断食を免除される人は2パターンに分かれ、完全に免除の人と後ほどできるときにするという一時保留の人がいます。

まずは完全に免除される人は高齢者、乳幼児、重病人です。

また、一時保留の人は、旅行者、妊婦、生理中の人です。

ですので例えば生理中の女性が普通にご飯を食べていても、今は断食ができないのねと理解してあげましょう。

ドライバーの運転には注意

どうしても日中ご飯を食べていないので空腹で眠気がやってきます・。

日中の暑い時間帯や、夕方ブカプアサ前などはピークで、信号待ちにうっかり寝てしまっているドライバーなどもいます。

そのためラマダン期間中はできるだけドライバーに話しかけてあげましょう。

ドライバーが万が一寝てしまって事故になった場合はあなたが被害を被ることになるのです。

そうならないためにも楽しく会話をしたり音楽を流したりリラックムードが作れるように工夫すると良いですね。

従業員の労働負荷を考えましょう

ドライバーだけではなくオフィスの従業員達も頭が回らなくなる人も沢山います。

普段と比べて生産性が落ちますのでその点も踏まえて労働計画を立てましょう。

断食は決して労働量を減らす理由にしてはいけませんが、それでもお互いが納得できてストレスにならない配慮ができるといいですね。

例えば国の事業や各社新しいプロジェクト計画があっても、この時期はどうしても動きが遅いため結局レバラン明けになってしまった、ということがよくあります。

また、イミグレの作業も時間がかかりいつもより長めに時間がかかることがありますので、キタスの延長やビザの手続きの際は十分に注意しましょう。

その他注意事項

これは特に男性や夜の注意事項ですが比較的大事なので覚えておきましょう。

レストランでビールが湯のみで出てくる

この期間ブロックMなどのレストランでお酒を飲むとビールは湯のみに入れられてきます。また缶の代わりに急須が出てきたりします。

これはこの神聖なるラマダンの時期、そもそもムスリムにとってお酒は飲んではいけないハラームですので見えないように配慮しています。

マッサージや夜のお店は注意する

こちらも大きな声では言えませんが、同じくブロックMのお店などへ行く場合は要注意です。

特に始まりの日、中日などは宗教警察ががさ入れなどをします。

お姉さんはもちろんのことその場にいた外国人客も同様に捕まります。

ラマダンの時期は可能な限り自粛されることをお勧めします。

レバランとは

f:id:sayaendo-jkt:20190510000911j:plain

先ほど上でもレバランという単語ができましたが、レバランとはラマダン明け大祭のことを総称して言います。

断食が終了した日のことをIdul Fitri(イドゥルフィトリ)といいますが、Idul Fitriの休みは本来は2日だけなのです。

ただし、インドネシアではその前後に有給休暇奨励日を国が定めトータルで1週間前後の休みとなっています。

このレバラン休みは会社によって何日間休みにするか変わります。

工場系の会社は比較的長い休み、銀行や日系企業では会社の休みは数日のみであとは自身の有休を使用して休みなさい、としているところもあるようです。

そしてこのレバランの2週間前までに会社は全社員にTHR(テーハーエル)を支給する義務が法律で課せられています。

ちなみにこのTHRは最低でも給料の1ヶ月分の支給となります。

正社員でも契約社員でも全員もらう権利はありますが、勤務期間によって月割りでの計算となることもあります。

個人的に雇っているメイドさんやドライバーさんにもTHRは支払い義務があります。

是非1年間の勤務に感謝を込めて気持ちよく支給しましょう。

そしてレバランの時期は皆田舎へ帰り家族全員で集まってお祝いをします。

これは昔の日本のお正月みたいな感じですね。

今でこそ日本はお正月の元旦からデパートが営業しており、福袋などを買いに行きますが子供の頃はどこもお店など空いてなく、初詣が終わったら自宅で家族や親戚が集まったり、親戚周りをしたりしましたよね?

インドネシアでも全く一緒です。

Idul Fitri初日の朝は皆でお祈りをし、家族・親戚皆で挨拶をし、子供達へのお年玉を配ります。

ちなみにこの日本でいう元旦のお祈りをする際に着る服は、レバラン前に新調します。

新しい服で気分新たに新年を迎える。どの国でもやはり一緒ですね。

また、レバラン期間中はなるべく料理は作らないようにまとめて大量に作って置いたり、日持ちするお茶菓子を買っておき、いつお客様がきても食べることのできるようにしておくのが基本です。

ちなみに子供達にあげるお年玉は新札で配るのが慣例です。

レバラン前頃になると道路の脇でおばさんやおじさん達がこの新札を売っていますので、もしご存知なかった人は是非今度見てみてください。

家族の人数が多いインドネシアは、こうやって洋服代やお年玉、食事にとレバランの出費はとても大きいものです。

そのためにTHRなどのボーナスはとても大事なのです。

まとめ

以上がラマダンについてです。

初めてラマダンを過ごす人や、これからインドネシアにやってくる予定の人のご参考になればと思います。

折角の機会ですから皆さんも断食に挑戦し、インドネシア人達とブカプアサをしてみるというのも意外と良いですよ。

*ミニインドネシア語講座*

* Buka=空ける、明ける(Open)

* Puasa=断食

* bersama=一緒に(ブルサマ)

若い人の間ではBuka Puasa Bersamaは

bukber(ブクブル)と省略されます。

*Sahur=日の出前の朝食

*maaf=ごめんなさい

*THR=レバランボーナス